注文カテゴリ

建売住宅のメリット・デメリット

注文住宅のメリットだけでなく建売住宅のメリットも理解してみましょう
建売住宅のメリットといえば、何といっても購入すればすぐに入居できるということでしょう。

建売とは読んで字のごとく、建てられて住居として完成している住宅をそのまま売り出すことですから、買う側にとっては、その住宅を購入すればすぐに入居することができるわけです。

この点が注文住宅とは決定的な違いで、注文住宅の場合には、買う側が発注してから住宅建設が始まるのですから、入居できるのはあくまでも建設が完了してからになるわけで、発注~購入から入居までの期間がかなり長いことになってしまうわけです。

つまり、建売住宅と注文住宅の違いとは、ひとことで言ってしまえば即入居可であるか、入居待ち覚悟か、ということになるでしょう。また、コスト的には、注文建築である注文住宅の方が既製品と言える建売住宅よりもどうしても高くなる、ということは否めないでしょう。

しかし、結局は買い手の側がどちらを選択するか、ということにかかっていると言えるでしょう。

入居までの時間がかかり、かつコスト的にも高くついても、あくまでも自分の好みを優先したいという場合には注文住宅でとなるでしょうが、できるだけ早く入居して生活を始めたい、またコスト的にもできるだけ抑えたいという場合には、建売住宅の購入という選択肢になるのではないでしょうか。

どっちがいいかやはりわからない・・・という方にお勧めなのが注文住宅の派生形ともいうべき存在が「自由設計」です。建売の建売はすでに完成された一戸建て住宅のことです。
自 由設計は土地(区画)だけの段階で注文し、いくつかある設計プランと素材を選んで住宅を建てます。よって、選んだオプションによって値段がかなり変わりま すので、必ず定額で好き放題できるわけではありません。価格的には建売<自由設計<注文住宅と覚えておいて大きな間違いはありません。スーツの「セミオーダー」と考えるとイメージがしやすいと思います。

建売住宅のデメリット

マイホームを建てることは多くの人にとって憧れとなっていますが、家はとても高い買い物で、多くの場合は長期のローンを支払って購入します。
そして長く住んでいくものですし、簡単に買い替えができるものではありませんので、慎重に選んで良い家を購入したいものです。

家を購入する方法としては大きく分けて、注文住宅で一からこだわって作っていく方法と、建売住宅を購入する方法があります。

建売の場合は土地とセットとなっており、同じ規模の家を購入する場合は注文住宅より価格を抑えられるメリットがあります。

でも、家を購入する場合はメリットばかりではなくデメリットにも目を向ける必要があります。

建売を購入する場合のデメリットとしては、完成した住宅を購入することになりますので、自由度は期待できません。そして周りにも似たような家が多く建っているので個性的な家作りをしたい方には向いているとは言えません。

そして、完成している場合は、建築過程を見ることができませんので、どのような工事が行われているか、どういった材料が使われているかをチェックすることが難しくなってしまいます。

そして手頃な価格で購入できるのは魅力ですが、そのかわりどこかでコストがカットされている可能性もあります。