注文カテゴリ

建売住宅のデメリット

マイホームを建てることは多くの人にとって憧れとなっていますが、家はとても高い買い物で、多くの場合は長期のローンを支払って購入します。
そして長く住んでいくものですし、簡単に買い替えができるものではありませんので、慎重に選んで良い家を購入したいものです。

家を購入する方法としては大きく分けて、注文住宅で一からこだわって作っていく方法と、建売住宅を購入する方法があります。

建売の場合は土地とセットとなっており、同じ規模の家を購入する場合は注文住宅より価格を抑えられるメリットがあります。

でも、家を購入する場合はメリットばかりではなくデメリットにも目を向ける必要があります。

建売を購入する場合のデメリットとしては、完成した住宅を購入することになりますので、自由度は期待できません。そして周りにも似たような家が多く建っているので個性的な家作りをしたい方には向いているとは言えません。

そして、完成している場合は、建築過程を見ることができませんので、どのような工事が行われているか、どういった材料が使われているかをチェックすることが難しくなってしまいます。

そして手頃な価格で購入できるのは魅力ですが、そのかわりどこかでコストがカットされている可能性もあります。