注文カテゴリ

注文住宅のデメリット

自分の意志を大きく反映させることのできる「注文住宅」は、今でも大変人気があります。家を建てる際に、予算が許すのであれば、「注文住宅」にしたいという人は大勢いることでしょう。それだけ、注文住宅には魅力があるのです。

やはり、自分がたくさんの時間を過ごすやすらぎの場所であるマイホームを、すべて自分好みに設計できるということは、なにものにも変え難い魅力があるのです。

だからこそ、決して景気が良くはない現代においても、「注文住宅」を希望する人はしっかりといるのです。とはいえ、もちろんデメリットも存在します。それはやはり、予算の問題。あれこれと自分好みにデザインできるところは最大のメリットですが、その分お金もかかります。

建て売りの住宅は、設備にしても選択肢は少ないのですが、しかし「お付き合い価格」などにより、幾分割安になる場合もあります。とはいえ、反対に考えれば、「注文住宅」は使用する資材や設備の変更も思いのままできますから、工夫次第で建て売り住宅よりも、割安になることも決して少なくはありません。しかし、あまりにも選択肢が多過ぎて「選び疲れ」をしてしまう人も多いことは、確かな事実なのですよね。

ですから、「選び疲れ」もデメリットとしてあげることができるでしょう。